貧乳をどうにかしたいならプエラリアがベスト

(1)貧乳になる原因は女性ホルモンの不足
女性の胸が大きくなるのは、女性ホルモン”エストロゲン”が乳腺を発達させるためです。
乳腺が発達するとその周りに脂肪がつくため、柔らかいバストに成長します。

もしも女性ホルモンが十分に分泌されないと、乳腺が発達しないためいつまで経っても胸は大きくなりません。
特に25歳以降で貧乳の人は、女性ホルモンが少ない可能性が高いと言えるでしょう。

貧乳になるその他の原因は「ストレス」や「冷え性」が挙げられますが、いずれも女性ホルモンの不足で起こり得る症状です。
そのため、まずは女性ホルモンが十分に分泌されるように体質を変えることが重要であると言えます。

しかし、体質を変えるためにはかなりの時間がかかります。
そこでおすすめするのがプエラリアという成分です。
プエラリアには女性ホルモン様物質が含まれているため、体内でエストロゲンと同様の働きをしてバストアップをサポートしてくれます。

(2)プエラリアでバストアップするメカニズム
プエラリアを摂取すると、女性ホルモン様物質が不足しているエストロゲンを補います。
エストロゲンの働きは以下の通りです。

・乳腺を発達させる
胸に脂肪がつき、バストアップします。

・自律神経を整える
ストレスの緩和に繋がります。

・代謝を上げる
ダイエットの効率が上がります。

・血流を促進する
冷え性の改善に繋がります。

・コラーゲンの生成を促す
肌のターンオーバー(生まれ変わり)が促進されます。

・悪玉コレステロールの代謝を促す
生活習慣病の予防に繋がります。

プエラリアの女性ホルモン様物質はエストロゲンと構造が似ているため、同様の効果を期待できます。
乳腺を発達させる以外にも様々なメリットがあり、特に貧乳の原因であるストレスと冷え性にもアプローチできることに注目しましょう。

(3)プエラリアで貧乳を大きくするためには?
プエラリアでバストアップする場合、正しい摂取方法を守る必要があります。
サプリメントに用いられる成分だからといって過剰摂取してしまうと、重篤な副作用が起こる可能性も否定できません。

・1日400mg以下の摂取
・生理前~生理中の摂取制限
・体調不良時の摂取制限

以上3つを心掛けて下さい。
400mg以上は副作用が起こりやすくなります。
また、生理前~生理中はプエラリアの副作用が出やすい時期とされており、摂取を控えたほうが良いでしょう。
体調不良時も副作用が出やすくなります。

摂取方法が間違っていると、本来ならバストアップできる人でも全く効果が出なくなることがあります。
効率的にバストアップするためにも、面倒くさがらずに正しくプエラリアを摂取しましょう。

(4)まとめ
貧乳になる大きな原因は、女性ホルモンの分泌量が不足していることです。
分泌量を増やすためには生活習慣の改善が必要となりますが、プエラリアを摂取すれば不足分を補うことが可能です。
正しい摂取方法を心掛けて、理想的な胸を目指しましょう。

トップに戻る