プエラリアが効きやすい人とは?

(1)プエラリアの効果が現れやすい人の特徴
バストアップ製品に大活用されているプエラリア。
摂取しても効果が出ない人がいる一方、ほんの1週間で効果が出る人もいます。
その違いは何なのかを4つまとめました。

1.ホルモンレセプターが多い
プエラリアがバストアップ・美肌効果を発揮するのは、女性ホルモン”エストロゲン”と構造が似ている女性ホルモン様物質を豊富に含んでいるためです。
女性ホルモン様物質を生かすためには、ホルモンレセプターでキャッチする必要があります。
ホルモンレセプターが多く、きちんと働いている人なら、プエラリアが効きやすい人であると考えられます。

2.ほどよく脂肪がついている
プエラリアの成分が乳腺細胞を刺激して発達させると、脂肪がその周りにくっつくことによってバストアップします。
プエラリア自体には脂肪を増やす作用がないため、もともと体に脂肪がないと、短期間でのバストアップは難しくなります。
ほどよく脂肪がついている人なら、プエラリアでバストアップしやすいでしょう。

3.ホルモン量が不足している
10代~20代前半の女性はホルモンが十分に分泌されているため、プエラリアを飲んでもあまり効果が現れません。
わざわざプエラリアで女性ホルモン様物質を摂取する必要がないのです。
その一方で、ホルモン量が不足している人がプエラリアを摂取すると不足分が補われるため、効果が現れやすいと考えられます。

4.摂取方法を守っている
プエラリアは強力な成分のため、摂取方法を守らないと効果が現れず、副作用が出てきてしまいます。
・1日400mg以下の摂取 これ以上の摂取は副作用のリスクが高まります。
・生理前~生理中の摂取のお休み エストロゲンが減少すべき時期なので、エストロゲン様物質を含むプエラリアを摂取すると副作用が出る可能性があります。
以上2点を守っている人は、プエラリアの効果を実感しやすいでしょう。

(2)効きやすさはプエラリアの品質にも要注意
プエラリアが効きやすいかどうかは、「体質」や「摂取方法」によって左右されます。
ただし、それ以外にもプエラリア製品の「品質」も効きやすさに関係してきます。

プエラリアは栽培方法によって大きく品質が変動するデリケートな植物のため、品質の悪い物が輸出されている可能性があります。
また、原産国ではプエラリアに類似した植物が多数存在するため、誤って、あるいは故意に偽物が混入する事態も考えられます。

品質の悪いプエラリアや偽物が使われた製品は、なかなか効果が現れません。
本来はプエラリアでバストアップできる人でも効果が出ないため、「自分にはプエラリアは向いていない」と勘違いしてしまうでしょう。

プエラリアを飲んでも効かない人は、体質や摂取方法だけでなく、プエラリア製品に使われているプエラリアの品質に注目してみて下さい。

(3)まとめ
プエラリアが効きやすい人は、ホルモンレセプターや脂肪が多く、ホルモンが不足している傾向にあります。
また、摂取方法をしっかり守っている人は効果を実感しやすいようです。
体質や摂取方法だけでなく品質も効きやすさに関係しているので、使用している製品のプエラリアは高品質かきちんと調べておきましょう。

トップに戻る