プエラリアとイソフラボンには4つの共通する効果がある!

(1)プエラリアのミロエステロールとイソフラボンについて
まずはミロエステロールとイソフラボンがどのようなものなのかをチェックしましょう。

1.プエラリアの独自成分ミロエステロールとは?
プエラリアはタイ原産のマメ科の植物で、強力な女性ホルモン様物質"ミロエステロール"が含まれていることから注目を浴びています。

ミロエステロールはプエラリア特有の成分。
医療用に使われているエストロゲンとほぼ同じ構造を持ち、イソフラボンの1000倍もの強さで人体に作用します。
そのためバストアップの即効性が高く、胸を大きくしたい女性にとっては嬉しい成分です。

2.大豆によく含まれるイソフラボンとは?
イソフラボンは大豆に多く含まれており、日本人には馴染み深い成分です。
摂取量の制限はあるものの人体への作用は穏やかで、即効性がない代わりに安全性が高いため、プエラリアが世に広まってからも人気を維持しています。

(2)ミロエステロールとイソフラボンの共通する4つの効果は?
ミロエステロールとイソフラボンは、エストロゲンと同じように作用するため共通する効果が多く存在します。

1.PMS(月経善症候群)と更年期障害の緩和に役立つ
ミロエステロールもイソフラボンも、エストロゲンの代わりに働いて不足分を補ってくれるため、ホルモンバランスと整えて、生理前の辛い症状や更年期障害を緩和してくれます。

2.生活習慣病を予防する
エストロゲンには、血中コレステロール値を下げる作用があり、ミロエステロールとイソフラボンにも同様の効果があります。
これによって高血圧や動脈硬化のリスクが減り、生活習慣病の予防に繋がるのです。

3.骨粗鬆症を予防する
プエラリアで骨粗鬆症を予防できると言われているのは、ミロエステロールがエストロゲンのように骨からカルシウムが流出するのを防ぐためです。
イソフラボンも骨粗鬆症の予防に効果的です。

4.自律神経を整える
生理前にやたらとイライラしてしまうのは、エストロゲンが減少することが理由のひとつです。
エストロゲンには自律神経を整えて精神を安定させる作用があるのです。

プエラリアや大豆を摂取してから精神的に穏やかになったという人は、ミロエステロール、イソフラボンが自律神経を整えてくれたからでしょう。

(3)プエラリアとイソフラボンに違いはあるの? 多くの共通の効果を持つプエラリアのミロエステロールとイソフラボンですが、実は「即効性」に大きな違いがあります。

ミロエステロールはイソフラボンの1000倍以上も強力ですから、イソフラボンに比べて効果を実感するまでの期間が短いのです。

ただし、即効性が高いということはそれだけ人体に影響を及ぼす力が強いということ。
プエラリアからミロエステロールを摂取する際は、イソフラボンを摂取する以上に摂取量や時期に気をつけましょう。

(4)プエラリアとイソフラボンを使い分けよう
プエラリアとイソフラボンは、効果が似通っているため併用するべきではありません。
女性ホルモンとして働く成分が2種類も体に入ってしまうと、容易に過剰摂取となり副作用が出てしまうのです。

プエラリアとイソフラボンは別々に使い分けて、自分の体や目的にしっくりくるものを選んでください。

トップに戻る