プエラリアで男の娘になれるのか

(1)プエラリアで中性的な男の娘になりたい人が続出
プエラリアは、豊富な女性ホルモン様物質によって、より女性らしくなる効果が期待されている成分です。
特にバストアップしたい女性に人気です。

実は、プエラリアは女性だけでなく男性のお悩みケアにも活用されています。
薄毛や抜け毛・体臭に悩んでいる男性が、女性ホルモン様物質によって症状を改善させようとしているのです。

それだけでなく、いわゆる「男の娘(おとこのこ)」になりたい男性もプエラリアを摂取しています。

男の娘とは、美少女のような少年のことを指します。
歳を経るごとに男性的になっていく男性が、少しでも中性的な雰囲気を維持することを目的としてプエラリアを利用するようです。

あるいは、今は男性的でも、中性的な雰囲気に憧れてプエラリアを飲み始めるケースもあります。

(2)プエラリアで男の娘になれる?
プエラリアを飲んで男性が男の娘になれるかどうかは体質次第です。
特に女性ホルモンの受容体の量が関わってくるでしょう。

この女性ホルモン受容体の量は、生まれつき個人差があります。
女性ホルモンの受容体が多い男性なら、少ない量の女性ホルモン様物質でも、肌や髪・顔つきに変化が現れてきます。
逆に女性ホルモンの受容体が少ない男性は、どんなにプエラリアを飲んでも変化が見られないかもしれません。

男性が女の子のような男の娘になるのはかなり難しく、注射によって女性ホルモンを摂取しても、期待するほどの効果が出てくるかわからないほどです。

そのため、サプリメントに使用されるプエラリアを飲んで簡単に男の娘になれるとは考えにくいでしょう。
ただし、ネット上では「プエラリアで腰が細くなった」などの男性コメントが見られます。

結論として、「男性がプエラリアで男の娘になるのは難しいが、女性ホルモンの受容体が多い人なら可能性はある」と言えます。

(3)プエラリアで男の娘になる時に注意すること
プエラリアを飲んで中性的になり、今よりも男の娘っぽくなろうと考えている男性には、注意してもらいたいことがあります。

それは、プエラリアの摂取による取り返しのつかない副作用です。
頭痛やちょっとした精神不安定程度の副作用なら、使用をやめることで回復します。
しかし、プエラリアには以下のように一度起こると回復が難しい副作用も存在します。

・生殖能力の喪失
・短期記憶力の喪失
・胸が大きくなる
・睾丸の委縮
・乳がん

これらの副作用が起こる前には、初期症状として吐き気・眠気・頭痛などが起こるはずです。
初期症状に気づいたら、すぐにプエラリアの使用を中止して下さい。
摂取量が多すぎるか、製品が合っていない可能性があります。

初期症状を無視して摂取を続けると、取り返しのつかないことになります。
願い通り中性的になれても、体がボロボロになってしまったらきっと後悔するでしょう。

プエラリアは薬ではないものの強力な成分ですから、摂取方法には十分に注意すべきです。
特に摂取量は1日400mg以下に抑えてください。

(4)まとめ
プエラリアには女性ホルモン様物質が含まれているため、男の娘になりたい男性に摂取されています。
期待するほどの効果が出るかは体質によりますが、基本的にプエラリアではそこまで大きな変化が起こらないと考えておきましょう。
プエラリアは強力な成分なので、取り返しのつかない副作用が起こらないように摂取量を守って下さい。
また、初期症状が出たらすぐに使用を中止することが大切です。

トップに戻る