プエラリアで眠気がでる理由は?メカニズムと対策法まとめ

(1)なぜプエラリアを飲むと眠さやだるさを感じるの?
プエラリアを飲んでから、なぜか眠気やだるさが出てきてしまう人がいます。
それは気のせいではなく、プエラリアに含まれる”ミロエステロール”が原因です。

ミロエステロールは、女性ホルモンエストロゲンと同様の作用を持つ成分です。
大豆イソフラボンより約1000倍も強力であると言われており、女性ホルモン剤と引けを取りません。

プエラリアにバストアップを期待できるのは、ミロエステロールがエストロゲンと同様に働いて女性らしい体作りをサポートしてくれるためです。
しかし、あまりに強力なため摂取量を間違えると眠気やだるさといった症状が出てきてしまいます。

(2)プエラリアの眠気・だるさ対策法
プエラリアを摂取しても眠気・だるさが出てこないようにするための確実な方法は、摂取量の調整です。

プエラリアのサプリメントを飲んでいる場合、例えば2粒で症状が出たなら1粒に減らしてください。
また、プエラリアを摂取している間は大豆イソフラボンを含む食品を控えましょう。

豆乳や豆腐には大豆イソフラボンが豊富に含まれており、プエラリアと同様に女性ホルモンと同じ働きを持ちます。
そのためプエラリアと大豆イソフラボンを同時に摂取すると簡単に過剰摂取に繋がってしまうのです。

しばらくサプリメントを減らして使用を続け、症状が出なくなって数週間したら量を戻してみましょう。
それでも症状が出なければ、体がプエラリアに慣れた証拠です。

いきなり目安量のプエラリア摂取すると体が順応できず副作用が出る可能性があるので、まずは少ない量から徐々に体を慣らしていくことをおすすめします。

(3)体質・状態次第では摂取を控えよう
妊娠中・授乳中・生理中の人は、プエラリアを少なめに摂取しても眠気やだるさが出てくることがあります。
この時期はホルモンバランスが不安定なので、プエラリアが作用すると簡単にバランスが崩れて症状が現れるのです。

特に妊娠中・授乳中に摂取すると、赤ちゃんにプエラリアが流れ込んで副作用が起こってしまう可能性があります。
小さな体の赤ちゃんにとっては、ほんの少量のプエラリアでも非常に危険なもの。
自分のためにも赤ちゃんのためにも、摂取は控えましょう。

(4)正しく飲めば強い味方に
プエラリアの作用の強さを知ると、体への影響が怖くて摂取を控えようかと思うかもしれません。
しかし摂取量や摂取する時期を間違えなければ、プエラリアは多くのメリットを与えてくれます。

バストアップ・美肌・骨粗鬆症の予防・PMSの改善など、プエラリアを正しく摂取して副作用なくメリットを享受しましょう。

トップに戻る