プエラリアで冷え性が改善するメカニズム

(1)プエラリアが冷え性をケアできる理由
冷え性の原因の1つは「ホルモンのアンバランス」です。
女性が男性に比べて冷え性になりやすいのは、女性の方が生理や妊娠でホルモンバランスが崩れやすいためです。

プエラリアには、女性ホルモン”エストロゲン”と構造が類似している「女性ホルモン様物質」が豊富に含まれています。
冷え性の女性がプエラリアを適切に摂取すれば、ホルモンバランスが安定して症状の緩和を期待できます。

(2)なぜホルモンバランスが冷え性と関係するのか
「ホルモンバランスが崩れると冷え性となる」と言われても、いまいち関係性が掴みにくいでしょう。
実は、ホルモンバランスが崩れると3つの側面から体の血行を悪くするため、冷え性に繋がるのです。
ここではその3つの側面について説明します。

1.自律神経の乱れ
ホルモンバランスと自律神経はいずれも視床下部がコントロールしており、一方のバランスが崩れるともう一方のバランスが崩れやすくなります。
ホルモンバランスが崩れて自律神経が乱れると、体温調節がうまくいかなくなって冷え性に繋がります。

2.悪玉コレステロール量
女性ホルモン”エストロゲン”は、善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減らす役割があります。
ホルモンバランスが乱れてエストロゲンがうまく働けなくなると、悪玉コレステロールが増えて血行が悪くなり、冷え性に繋がります。

3.コラーゲン量
女性ホルモン”エストロゲン”は、コラーゲンの生成を促進する役割があります。
コラーゲンは肌を若々しく保つだけでなく、筋肉のスムーズな動きをサポートする成分でもあります。
エストロゲンがうまく働けずコラーゲンが減少すると、筋肉の働きが弱まります。
筋肉の”血液を送るポンプ”としての働きも弱まるため、血行が悪くなり、冷え性に繋がります。

(3)プエラリアを摂取するメリット
ホルモンバランスは、3つの側面から冷え性と関係性を持っていることがわかりました。
プエラリアはホルモンバランスを整えるため、この3つの側面すべてをケアできます。

つまり、プエラリアの成分が女性ホルモン様物質として働くことによって、自律神経の乱れのケア・善玉コレステロール量の増加・コラーゲン生成の補助が可能となるのです。

プエラリアは副作用が怖い成分であると言われていますが、1日400mg以下の摂取と生理前~生理中の摂取の制限を心掛ければリスクはぐっと下がります。

冷え性のケア以外にも美肌やバストアップ効果も期待されている成分なので、プエラリアは女性らしさを磨きたい人に向いていると言えます。

(4)まとめ
冷え性の原因の1つはホルモンバランスの乱れです。
プエラリアは女性ホルモン様物質によってホルモンバランスを整えるため、冷え性のケアに活用できます。
自律神経のケア・善玉コレステロールの増加・コラーゲン生成のサポートにより、血行の流れを改善して冷え性の症状をやわらげてくれるでしょう。

トップに戻る