プエラリアとイソフラボンの違いは何?即効性に注目!

(1)プエラリアとは何?
プエラリアとは、マメ科クズ属の植物のことを指します。
タイの原生林に自生しており、古くから食用にされてきました。
生育環境や生育年数によって品質が大きく左右されるデリケートな植物ですが、プエラリアに含まれる成分の女性ホルモン様作用の強力さを認められ、少量ですが日本でも栽培されています。

プエラリアに含まれる注目成分は、「ミロエステロール」です。
大豆イソフラボンの1000倍も強力だと言われるほどの成分で、1週間でバストアップを実感できた人もいるほどの即効性を誇ります。

即効性が高いぶん、気をつけなくてはならないのは副作用です。
プエラリアの即効性につられて過剰摂取した人が、精神不安定や頭痛・肌荒れなどを訴えているケースがあります。
また、長期的に過剰摂取することで乳がん・子宮がんなど女性特有のガンのリスクが跳ね上がると言われています。

(2)イソフラボンとは何?
イソフラボンとは、主に大豆に含まれている女性ホルモン様物質のことを指します。
大豆は日本人は豆腐やあずきなどに加工することで古くから親しんできた食物ですから、イソフラボンとも馴染み深いと言えます。

イソフラボンは食物から手軽に摂取できることから、美容だけでなく健康目的で摂取する人が多いのが特徴です。
作用が穏やかなため、副作用が比較的出にくいことも人気のひとつです。

ただし、作用が穏やかであるということは効果の実感までに時間がかかるということです。
バストアップに関してはなかなか目に見える変化が起こらないため、プエラリアやブラックコホシュを用いる人が多数です。

(3)プエラリアとイソフラボンの違い
プエラリアとイソフラボンはどちらも女性ホルモンと同じ働きを持ちますが、どのような違いがあるのでしょうか?

1.即効性
プエラリアとイソフラボンの大きな違いは「即効性」にあります。
プエラリアに含まれるミロエステロールが非常に高い生理活性を持っているため、すぐに効果を実感したい人はイソフラボンよりもプエラリアを好みます。

2.副作用の出やすさ
プエラリアは強力に人体に作用するため副作用のリスクが高く、イソフラボンは穏やかに作用するため副作用が比較的出にくくなります。

3.入手のしやすさ
プエラリアはサプリメントやクリームを購入しなければ摂取できないため入手しにくく、イソフラボンは大豆や豆腐・豆乳などスーパーで買える食品から摂取できるため入手しやすい成分です。

(4)プエラリアとイソフラボンはどちらが良いの?
プエラリアは即効性を求めており、副作用が出にくいようにしっかりと自己コントロールができる人に向いています。
1日400㎎以下を、ホルモンバランスが乱れやすい生理中・妊娠中を避けて摂取してください。

イソフラボンは即効性よりも安全性を求めており、手軽に入手したい人・女性ホルモン様物質ははじめての人に向いています。
プエラリアほど本格的な成分でなくてもいいので、美容・健康面でやさしくサポートしてもらいたいと考えているならイソフラボンを選びましょう。

(5)プエラリアとイソフラボンどちらかを選ぼう
プエラリアもイソフラボンもそれぞれに良いところがあり、どちらが良いか迷ってしまうかもしれません。
それでも両者を併用することは避けましょう。

女性ホルモン様物質を2種類も摂取してしまうと、それぞれの摂取量を守っていても副作用が出てしまうかもしれません。

どちらか一方を正しく服用することで効果を発揮させて、メリットを最大限に引き出しましょう。

トップに戻る