プエラリアとエクオールの違いは?

(1)プエラリアとは
プエラリアとは、タイやミャンマーに自生しているマメ科植物のことを指します。
サプリメントに使用されている種類は「プエラリア・ミリフィカ」で、女性ホルモンの働きを補いバストアップや美肌効果をもたらします。

プエラリアが美容ケアに役立つ理由は、含有されている3つの有効成分にあります。

・イソフラボン
大豆でお馴染みの成分です。
プエラリアには大豆の40倍含まれています。
・ミロエステロール
プエラリアの独自成分です。
女性ホルモン様物質としてイソフラボンの1000倍もの生理活性を有します。
・プエラリン
プエラリアが世界中で注目されるきっかけとなった成分です。
美乳成分としての研究成果が発表されています。

いずれの成分も、人体に取り込まれると女性ホルモン”エストロゲン”に等しい働きをします。
そのため、プエラリアを摂取すると不足しがちな女性ホルモンの働きがサポートされ、バストアップ・美肌だけでなく骨粗鬆症の予防・高血圧ケアなどの効果も期待できます。

(2)エクオールとは
エクオールとは、大豆イソフラボンが腸内細菌のエクオール産生菌によって変換された成分です。

大豆イソフラボンは人によって「ダイゼイン」のまま吸収されるか、「エクオール」に分解されて吸収されるかが異なっています。
腸内にエクオール産生菌を持っている人の割合は、日本人の約50%であるため、エクオールとして吸収する人の割合も50%程度であると考えられます。

大豆イソフラボンによって効果が現れやすい人と現れにくい人が存在するのは、ダイゼインとエクオールの生理活性に差があるためです。
エクオールのほうがより高い生理活性を有するため、効果が現れやすいのです。
なかなか効果が現れない人は、ダイゼインとして吸収していると考えられます。

エクオールは、プエラリアに含まれる3つの成分と同じく、女性ホルモンの働きを補助して美容と健康の面でメリットを与えます。

(3)プエラリアとエクオールの比較
プエラリアもエクオールも女性ホルモン様物質として働くため、効果には大きな違いがありません。
ただし、プエラリアは美容のため、エクオールは健康のために摂取する人が比較的多いようです。

その理由は両者の効果が現れる速さの違いにあります。
プエラリアは強力な成分が豊富に含まれているため即効性を有しますが、エクオールは穏やかに作用してじわじわと効果が現れるのです。

その他にも、プエラリアとエクオールには以下の違いがあります。

・価格
比較的プエラリアの製品が安価で、安いものならおよそ2000~3000円で購入できます。
一方エクオールの製品は、品数が少なく価格競争が進んでいないこともあっておよそ4000~6000円かかります。
・種類
プエラリアのサプリメントのほうが種類は豊富です。
エクオール製品は数種類に留まっています。
・効果の信頼性
プエラリアはまだ明確な根拠に基づいた実験結果が報告されていませんが、エクオールは報告されています。
ただし、プエラリアは多くの口コミや実体験のレポートから信頼性を獲得しています。

(4)まとめ
プエラリアとエクオールはいずれも女性ホルモン様物質として人体に作用し、美容・健康面でサポートします。
しかし両者には価格や効果が現れる速さに違いがあります。
即効性が欲しいならプエラリア、穏やかに作用して欲しいならエクオールをおすすめします。

トップに戻る