プエラリアとエストロゲンはどんな関係があるの?

(1)プエラリアは女性ホルモン様物質の宝庫
プエラリアは、女性らしい体作りに高い効果を発揮すると言われているマメ科の植物です。
バストアップサプリやクリームの主成分としてよく配合されています。

そんな効果があると言われる理由は、女性ホルモン様物質が豊富に含まれているからです。
イソフラボンは大豆の40倍、さらにイソフラボンの1000倍も強力なプエラリアの独自成分”ミロエステロール”まで含まれているのです。

(2)プエラリアとエストロゲンは効果が似ている
イソフラボンとミロエステロール、いずれの成分も女性ホルモン”エストロゲン”と化学構造が非常に似ており、人体における作用もほとんど同じです。

例として、肌のコラーゲンを生成してハリのある肌をキープしたり、バストとヒップに脂肪をつけて女性らしい体のラインを作ったりといった効果があります。
あるいは健康面において、高血圧の改善やコレステロール値の減少・骨粗鬆症の予防などの効果があります。

さらに、プエラリアの成分は不足しているエストロゲンの働きを補うため、ホルモンバランスの安定も期待できます。
これによって更年期障害や生理痛・月経不順など女性特有のお悩みの解消にも繋がります。

(3)プエラリアはいくらでも摂取していいの?
不足しているエストロゲンを補って様々なメリットをもたらしてくれるプエラリアですが、だからといって大量に摂取してはいけません。
ホルモンバランスを乱すため、かえってデメリットばかりが起こってしまうのです。

特にミロエステロールは女性ホルモン剤に匹敵するほど強力です。
安易に過剰摂取すると、取り返しのつかないことになりかねません。
生理不順や頭痛・腹痛だけでなく、乳がんや子宮がんのリスクを高める可能性もあります。

プエラリアのメリットだけを享受したいなら、1日400mg以下の摂取に抑えるだけでなく、女性の体の巡りを意識してみましょう。

(4)プエラリアはエストロゲンの増減に合わせて飲もう
女性の体の巡りとは、生理周期のことです。
月経期→卵胞期→排卵期→黄体期と4つの周期があります。

エストロゲンはこの周期に合わせて分泌量が変動します。
エストロゲンと同じ働きをするプエラリアの成分は、エストロゲンの分泌量が増える周期に飲んでこそ、副作用を防いで、効果を実感できます。

エストロゲンの分泌量が増える周期は、「卵胞期」と「排卵期」のおよそ12日間。
不足しているエストロゲンのぶんプエラリアの成分がしっかりと働いてくれるため、ホルモンバランスが安定しやすくなります。
生理後から排卵日までは毎日プエラリアを飲んでも構わないでしょう。

一方、「月経期」と「黄体期」はエストロゲンが減少する周期です。
プエラリアを摂取するとホルモンバランスが崩れやすくなるため注意してください。
生理前から生理中のプエラリアの摂取は控えましょう。

(5)プエラリアでホルモンバランスを整え健康的な毎日を
プエラリアとエストロゲンはまるで双子のように構造が似ているため、プエラリアを適切な時期に摂取すれば、エストロゲンの働きを補ってホルモンバランスを整えてくれます。

女性はホルモンバランスに体調が左右されやすいです。
プエラリアを飲んで、女性らしい体を作るだけでなく、健康的な毎日もサポートしてもらいましょう。

トップに戻る