プエラリアとピルは併用してもいい?

(1)プエラリアとピルについて
プエラリアとピルは、いずれも女性的な特徴・生理的機能に影響を及ぼします。

プエラリアはバストアップや美肌ケアを目的として摂取される成分です。
豊富に含まれた女性ホルモン様物質が人体に”エストロゲン”と同様の作用をもたらし、女性らしさをキープしてくれます。

一方、ピルは主に避妊を目的として服用され、生理痛の軽減や生理周期のコントロールにも利用できる薬です。
一般的には女性ホルモン”エストロゲン”と”プロゲステロン”を含んでいる混合ホルモン剤が使用されています。

・プエラリアは女性ホルモン様物質としてエストロゲンと同様に働く
・ピルはエストロゲンとプロゲステロンを含んでいる

以上2点から、プエラリアもピルも人体にエストロゲンと同様の作用をもたらすと言えます。

ここで気になるのが、「プエラリアとピルは併用して問題ないか」ということです。
いずれも同様の作用をもたらすのなら、併用すると何かしらの問題が起こるかもしれないと考えられます。

結論から言うと、プエラリアとピルは併用してはいけません。
次にその理由と副作用をチェックしましょう。

(2)プエラリアとピルを併用してはいけない理由
プエラリアとピルを併用すると、人体はエストロゲンの過剰分泌と同様の状態となります。
プエラリアの女性ホルモンがエストロゲン様物質として働く上に、ピルの成分にもエストロゲンが含まれているためです。

エストロゲンが過剰分泌されると、以下の副作用が起こります。

・頭痛
・吐き気
・肌荒れ
・倦怠感
・食欲不振
・生理不順
・不正出血

プエラリアは薬ではありませんが、プエラリアに含まれているミロエステロールという成分は女性ホルモン剤に匹敵するほどの生理活性を持ちます。
薬ではないからと安易に考えず、ピルとは絶対に併用しないでください。

(3)ピルからプエラリアへ切り替える
プエラリアはピルのように避妊効果がありませんが、月経前症候群(PMS)や更年期障害の症状のケアは可能です。
エストロゲン様物質として働き、ホルモンバランスを整えるからです。

よって、軽い生理痛・更年期障害のケアのためにピルを飲んでいる人なら、プエラリアのみの摂取に切り替えても症状のケアは続けられると期待できます。
ただし、プエラリアは薬ではありません。
症状が軽い人のみ切り替えを検討しましょう。

プエラリアはピルと同様に、摂取方法には十分に注意しなくてはならない成分です。
誤った摂取方法だと余計に症状が悪化しますから、以下の項目はしっかり守ってください。

・1日400mg以下の摂取に抑える
これ以上の摂取は副作用のリスクが高まります。
・生理前(黄体期)~生理中(月経期)の摂取は控える
この時期はプエラリアによってエストロゲンが過剰分泌になりやすいです。

どうしてもプエラリアを摂取したい人は、慎重にピルから切り替えてみましょう。
主治医がいる場合はぜひ相談して下さい。

(4)まとめ
プエラリアとピルは、いずれも人体に女性ホルモンエストロゲンと同様の作用をもたらします。
エストロゲン過剰分泌の副作用が出てくるため、併用してはいけません。
どうしてもプエラリアを飲みたい人は、ピルからの切り替えを検討してみましょう。

トップに戻る