プエラリアと風邪薬は併用できる?

(1)プエラリアを飲んでいるのに風邪をひいたら
バストアップのためにプエラリアを摂取している時、風邪をひくこともあるでしょう。
辛い症状をやわらげるために、風邪薬を飲みたくなるかもしれません。

しかし、プエラリアは強力な女性ホルモン様物質を含む成分です。
風邪薬と併用して副作用は出ないのか気になるところでしょう。

結論として、プエラリアと風邪薬を併用しても、薬同士を併用するほどの危険性があるとは考えられません。
プエラリアは「食品」に分類される成分のためです。

ただし、併用をおすすめできない理由が2つあります。
それぞれチェックしておきましょう。

(2)プエラリアと風邪薬の併用をおすすめしない2つの理由

1.他の化学成分が含まれているかもしれない
プエラリア製品には、プエラリアだけでなく別の美容成分が入っていることがほとんどです。
その中には、風邪薬の成分と併用すると副作用を起こす種類も含まれている可能性があります。

漢方系の風邪薬ならそれらの成分と飲み合わせても大丈夫だろうと考える人もいます。
しかし、たとえ漢方でも他の成分との相性によっては劇薬に変化するので、併用はおすすめできません。

2.風邪の時は体が弱っている
風邪をひいている時は、体調が悪くホルモンバランスが乱れがちです。
そのような時にプエラリアを摂取してしまうと、いつもなら副作用がでない人でも何らかの悪影響が出るかもしれません。

風邪薬と併用することで、さらに体に負担をかけてしまう可能性も考えられます。
風邪をひいたら、プエラリアの摂取は中止して風邪薬だけを飲むと良いでしょう。

(3)どうしても併用したいなら
プエラリアと風邪薬をどうしても併用したいなら、その前に必ず病院や薬局に相談して下さい。
そのプエラリアや風邪薬を販売している会社のコールセンターに電話するのも良いでしょう。

飲み合わせが悪いと、頭痛や眠気・吐き気・倦怠感などの症状が現れます。
これはプエラリアの過剰摂取でホルモンバランスが乱れた時と同様の症状です。
風邪の症状がさらに辛くなってしまうので、自分の体のことを考えて必ず相談して下さい。

ただし、風邪の時は体が弱っていてプエラリアの効果が落ちてしまいます。
無理をして飲み続けるのではなく、風邪の時くらいは摂取を控えたほうが体に優しいと考えられます。

(4)まとめ
プエラリアは食品扱いであるため、風邪薬と併用しても、薬同士で併用するほど重大な副作用が起こるとは考えられません。

しかし、プエラリア製品に含まれている別の成分が風邪薬の成分と相性が悪かったり、体調不良で体に負担をかけやすくなっていたりします。
基本的に併用は控えてください。

どうしても併用したいなら、必ず病院や薬局・コールセンターに相談しましょう。

トップに戻る