なぜプエラリアはほうれい線対策に効果的なのか

(1)そもそもなぜほうれい線はできるのか
ほうれい線とは、頬と上唇の境界線のことを指します。
シワと思われがちですが、頬が重力に逆らえず垂れることによってシワのようにくっきりと線が刻まれてしまいます。

その証拠に、仰向けになって鏡を見ると、ほうれい線は薄くなったり、あるいは消えたりします。
仰向けなら重力によって頬が垂れ下がらないためです。

ほうれい線はシワではないため、シワと同じ対処法では不十分な場合があります。
たるみを改善して、ほうれい線を目立たなくするのが最も大切なのです。

(2)プエラリアはたるみケアに適している
女性ホルモン様物質を豊富に含んでいるプエラリアは、女性ホルモン”エストロゲン”と同様に肌のコラーゲン生成を促してハリツヤをUPさせます。

たるみの大きな原因は紫外線や加齢によって皮膚のコラーゲンが減少・変性することですから、プエラリアはたるみケアに適していると言えるでしょう。
コラーゲンの生成を促し、肌を引っ張り上げる力をキープします。

また、たるみが出来る原因はもう1つあります。
それは顔のむくみです。
顔に水分や老廃物が蓄積されてむくむと、その重みで頬がたれて、ほうれい線ができます。
しかし、プエラリアは老廃物のデトックスを促すため、むくみによるほうれい線対策にも役立ちます。

プエラリアは乾燥肌・ニキビ肌・くすみ・肌荒れなど様々な肌トラブルをケアできるため、肌のダメージの蓄積によるたるみケアにも対応できると考えられます。

(3)年齢と共に肌がたるまないためには
女性のエストロゲン分泌量は20代半ば〜30代前半でピークを迎え、40代から急速に減少します。
エストロゲンの分泌量が減少すると、肌のコラーゲンがうまく生成されなくなり、加齢とともに肌トラブルが増加することになります。

プエラリアはエストロゲンの分泌量が減少する少し前、30代後半頃にはぜひ飲み始めてほしい成分です。
もちろん40代で肌トラブルが出てきてから摂取しても、ある程度の効果は期待できるでしょう。

ほうれい線のない若々しい顔をキープし、さらには女性特有のお悩み解消・バストアップを実現するために、摂取方法を守りながら継続的に飲むことをおすすめします。

(4)まとめ
プエラリアに含まれる女性ホルモン様物質は、コラーゲンの生成をサポートします。
そのため、コラーゲンの減少によるほうれい線のケアに適しています。
エストロゲンの分泌量が減少する40代にさしかかる前に、継続的にプエラリアを摂取すると良いでしょう。

トップに戻る