プエラリアは皮下脂肪を増やすの?

(1)プエラリアで直接的には皮下脂肪がつかない
プエラリアを飲んだら太ってしまったという声が上がっています。
そのような声を耳にすると、もしかしたらプエラリアには皮下脂肪を増やす作用があるのではないか?と不安になるのも無理はありません。

しかし、プエラリアで直接的に皮下脂肪が増えることはありません。
例えば脂肪分を溜め込みやすくする・筋肉を脂肪に変えるなどの作用はないのです。
ただし、プエラリアの間接的な作用によって皮下脂肪がついてしまうことはあります。

プエラリアを飲んで太らないように、どのようなメカニズムで皮下脂肪がついてしまうのか確認しましょう。

(2)プエラリアで皮下脂肪が増える原因
プエラリア自体には脂肪を増やす作用がないものの、代謝が上がることによって間接的に太ることがあります。

プエラリアは血の流れをスムーズに保つため、代謝がUPします。
代謝が上がると本来は脂肪分を分解しやすくなるのですが、同時に食欲も増進してしまうのが厄介です。
食欲に任せて食べ過ぎてしまうと、いくら代謝が上がっても皮下脂肪は増えてしまうのです。

プエラリアが直接脂肪を増やすわけではないので、食欲をセーブすれば脂肪がつくのを防げるでしょう。

(3)本当は皮下脂肪がついていないかも
プエラリアに含まれる女性ホルモン様物質は、肉質をやわらかくすると言われています。
男性の体はゴツゴツとしているのに、女性の体はふっくらしているのは、女性の方が多くの女性ホルモンを分泌しているためです。

プエラリアによって肉質がプニプニとやわらかくなると、皮下脂肪が増えたと勘違いするかもしれません。
この場合は体重を測れば本当に増えたか判断できます。

また、ネット上では「もともと体についている脂肪がバストやヒップに移動している」という説があります。
脂肪が別の場所に移動することは医学的に証明されていないため、信用性は低いのですが、このような説も存在すると知っておいても良いでしょう。

(4)まとめ
プエラリアは直接的に脂肪を増やしません。
ただし、代謝UPに伴う食欲の増進により、食事量が増え皮下脂肪がついてしまうことがあります。
また、女性ホルモン様物質によって肉質がやわらかくなると、皮下脂肪が増えたと勘違いする人もいるでしょう。

体重を測れば本当に脂肪が増えたのか判断できるので、プエラリアを飲んでいる間は体重を記録することをおすすめします。

トップに戻る