プエラリアを10代で飲んではいけない理由

(1)プエラリアは若い子に向いていない
強力なバストアップ効果があると言われているプエラリアは、体に興味を持ち始めた思春期の女性にとっては大変魅力的な成分でしょう。

しかし、残念ながらプエラリアは若い人に向いていません。
というのも、プエラリアには女性ホルモン様物質が豊富に含まれているためです。

この物質があるからこそ、プエラリアは世界中の女性に愛されているのは確かです。
しかし次の2つの理由から、若い人の体にはあまり良いとは言えません。

・10代の人は体内で十分な女性ホルモンを分泌できる
プエラリアに含まれる女性ホルモン様物質は女性ホルモン”エストロゲン”と同様の働きをし、不足しているエストロゲンの働きを補います。
しかし、すでに十分に女性ホルモンが分泌されている場合、摂取しても意味がありません。

・10代の人は性機能とホルモン分泌機能に悪影響が出やすい
すでに女性ホルモンが十分な人がプエラリアを摂取すると、体内は女性ホルモンが過剰分泌されているのと同様の状態となります。
この状態が続くと、性機能を失ってしまったり、自力でホルモンを分泌する機能が弱ってしまったりといった副作用が出る恐れがあります。

プエラリアを飲むのは、女性ホルモンが不足し始める25歳以降をおすすめします。
それまでは次に紹介するバストアップ方法で、胸を理想的な大きさに育てましょう。

(2)10代の子におすすめのバストアップ方法4選
10代の子は成長期で、しかも女性ホルモンがたっぷりと分泌されています。
そのため、少し生活習慣を改善させるだけでどんどんバストアップするかもしれません。
ぜひ以下のバストアップ方法を継続し、プエラリアに頼らずに理想の胸を実現させて下さい。

1.質の良い睡眠を摂る
乳腺が成長するのは眠っている間です。
特に眠り始めて3時間は、成長ホルモンが分泌されるためかなり重要です。
毎日決まった時間に眠り、できれば6時間以上の睡眠を摂るのがベストです。

2.イソフラボンを摂取する
イソフラボンはプエラリアと同様に、女性ホルモン様物質を含む成分です。
しかし作用が穏やかなため、10代の若い女性が飲んでも適量なら副作用は出にくいと言えます。
1日に豆乳1パック(200mg)を飲むとお手軽です。

3.バランスの良い食事を摂る
きちんと栄養分が摂れていなければ、胸は大きくなりません。
特に胸の90%は脂肪で出来ているため、脂肪分を摂りましょう。
他にはたんぱく質とビタミン(A,E,B群)が胸の成長をサポートしてくれます。

4.大胸筋を鍛える
胸周辺は大胸筋で支えられているため、大胸筋が発達すると上向きの美しいバストになります。
最も簡単に大胸筋を鍛える方法は、胸の手前で手の平を合わせて押し合う筋トレです。
意外なほど胸全体が鍛えられますから、時間のある時に積極的に行って下さい。

(3)まとめ
プエラリアには女性ホルモン様物質が含まれており、この物質が女性ホルモンとして働くためバストアップや美肌効果を発揮します。
しかし、10代の若い子はすでに女性ホルモンが十分に分泌されているため、プエラリアを摂取してもあまり意味がありません。
生活習慣の見直しや筋トレでバストアップしましょう。

トップに戻る