プエラリアミリフィカで行うホルモン置換療法

閉経を迎える頃になると、女性の体内では女性ホルモンが急激に減少していきます。
ホルモンバランスは自律神経に大きく作用しますので、自律神経失調症のような作用をもたらしてしまうのが、更年期障害です。
女性ホルモンが急激に減少していく状態に体がついていくことができず、頭痛、吐き気、眩暈、のぼせ、イライラなど、肉体的にも精神的にも辛い症状が襲ってくるのです。

こうした更年期障害の辛い症状を緩和するために、ホルモン置換療法という治療法が行われています。
この治療では、極端に減少してしまった女性ホルモンを体内に充填することで、ホルモンバランスをなるべく正常に近くし、更年期障害の様々な症状を改善しようという治療です。
この際利用されるのは人工的、科学的に作られたエストロゲンです。

でも科学的に作られたエストロゲンの場合、子宮の病気などを促進してしまう可能性も出てきます。
そこで、より安全性の高い自然界で作られた植物性エストロゲンが注目されているのです。
ホルモン置換療法と同じようにエストロゲンをプエラリアミリフィカの植物性エストロゲンで補い、更年期障害の辛い症状をプエラリアミリフィカで改善できると期待されています。
実際にプエラリアミリフィカを利用された女性の中には、更年期障害の辛い症状が緩和したという方が多いのです。

トップに戻る