乳がんとプエラリアミリフィカ

日本人は昔から大豆製品を良く食べてきました。
豆腐、納豆、お味噌、メニューにしても煮豆、味噌汁など毎日の食卓に必ずと言っていいほど、大豆製品が利用されています。
世界的に見て、日本人の乳がん発生率は低いといわれてきましたが、残念ながら現在は増加傾向にあります。
そこに大豆製品の利用が関係しているのではないかと言われています。

大豆にはイソフラボンが含まれています。
植物性エストロゲンといわれるイソフラボンは、女性ホルモンとよく似た働きを持っているため、バストアップや美肌にも効果があるとされています。
大豆製品を良く食べてきた日本人に乳がん発生率が少なかったのもこの大豆類を毎日の食事で食べてきたからではないか?と言われていたのです。

でも、現在は食事が欧米化しています。
大豆類などの摂取が昔よりも格段に低くなっていることは皆さんもご承知でしょう。
こういった食生活に起因し、乳がん発生率が昔よりも増加しているのではないか、と考えられています。

プエラリアミリフィカにはこの大豆に含まれている女性ホルモン様作用を持ったイソフラボンが多量に含まれています。
ホルモンのバランス調整に深く関係するイソフラボンを多く含むプエラリアミリフィカは、乳がんの発生を予防する成分になると期待されているのです。
大豆イソフラボンの40倍という高いイソフラボン含有率のあるプエラリアミリフィカは、日常生活の中で積極的に摂取してほしい成分なのです。

トップに戻る