プエラリアミリフィカを生理中に服用する

女性にとって月経は月に一回訪れる厄介なものです。
でもこの生理があるからこそ、命をはぐくむことができるのですから、仕方がないことです。
女性ホルモンの分泌が最も多く活発になるのは、月経後半から次の排卵が行われるまでの約7日間です。
プエラリアミリフィカは、この期間に飲むと乳腺への働きかけが強くなり、バストアップ効果が高いといわれていますが、これは間違いです。

女性ホルモンであるエストロゲンは生理期間中最も活動が低くなり、その後上がっていきます。
また生理の間は、女性ホルモンの分泌が非常に不安定です。
そこに強い女性ホルモン作用を持つプエラリアミリフィカを飲めば、どうなるか、想像が付きます。
植物性エストロゲンが体内の女性ホルモンの働きを活発にし、生理中はエストロゲンが減少していなければならないはずなのに増加させてしまうのですから、良い効果をもたらさないのです。
場合によっては、プエラリアミリフィカの持つ植物性エストロゲンの働きが強く作用してしまい、副作用的な問題を引き起こすかもしれません。
卵胞期にはプエラリアミリフィカの効果が発揮されるかもしれませんが、生理前半は女性ホルモンのバランスを大きく乱す可能性が高いのですから、健康のためにも美容のためにも、プエラリアミリフィカの利用はせけておく方がよいでしょう。

トップに戻る