幼児のプエラリアミリフィカの摂取

プエラリアミリフィカはバストアップをしたい人、更年期障害の辛い症状を改善したいと思う人などが利用されています。
最近はプエラリアミリフィカの薄毛に対する働きを知り、薄毛に悩む男性も、プエラリアミリフィカを利用されている方がいるとも聞きます。

女性ホルモンの働きを強力にサポートしてくれるプエラリアミリフィカに含まれる植物性エストロゲンによる働きが、色々な効果を発揮してくれるのですが、幼児に利用することはできるのでしょうか。
健康効果があるということだけで、プエラリアミリフィカを利用するのは危険です。
特に幼児というのは、思春期を迎える以前の状態であり、女子であってもまだ思春期、それ以降に必要な量の女性ホルモンが必要な時期ではありません。

ホルモンは女性ホルモンのほかにも多数存在し、成長ホルモンなどの様々なホルモンがバランスよく働くことが必要です。
幼児にとっては成長に欠かせない成長ホルモンがバランスよく正常に働くことが必要です。
ここに女性ホルモンとよく似た作用を持つプエラリアミリフィカを摂取することで、ホルモンバランスが崩れてしまう可能性も考えられます。
思春期以降、じょせいホルモンの状態が通常の状態で、減少傾向にあるとか、さらにプラスしてバストアップを図りたいと考える状態以外、幼児や思春期前の女児に与えるのは避けるべきでしょう。

トップに戻る